徒然なるままに♪

週末のドライブ、近所のお散歩、公園散策などなど、日頃の出来事やお出掛けの記録を絵日記風に書いてます♪

2008年05月

八ケ岳の山菜狩り二日目^^♪

73d96c5b.jpg
昨日は早起きして山菜狩りに足場の悪い山の斜面や渓流沿いを歩き回り、その後もほぼ一日動き回っていたのに、あまりに山菜が大収穫だったこともあって、昼食後の一眠りの予定を返上して、山菜の洗浄や灰汁抜き、その他保存用の下処理に追われて、夕食後の温泉から帰った後は、ほぼバタン・キュー状態で眠ってしまいました。笑いアハハ
それもあってか、今日は昨日よりも早く一人目覚めてしまい、デジカメ片手に早朝の散歩に出ることにしました。笑顔音符
早朝の別荘地は殆ど人気(ひとけ)が無く、空気の爽やかで野鳥達の囀りに満ちていて、実に気持ちの良いものです。ラブ これまでも何度も野生の雉の群れに遭遇したりしていますし、リスのような小動物や様々な野鳥との、早朝ならではの思わぬ出会いもありますので、実に楽しいものです。笑顔 今日は昨晩降った雨のせいか朝靄が掛かっていて、遠くの山の美しい景色を臨むことは出来ませんでしたが、別荘地内に咲く草花やこの時期咲いている庭木の花々などを撮影しながら小一時間ほど歩き回って戻ってきました。笑顔音符
山荘の近くまで戻ったとき、偶然にも友人が朝の山菜採りに出掛けるところに遭遇。 夜遅くまでお喋りに興じていた奥方陣は未だ就寝中とのことでしたので、二人で今日第一陣の山菜狩りに出かけることにしました。笑い 今日の獲物の狙いは、昨日あまり収穫できなかったウド、ワサビ、セリ、タラの芽あたりで、煮て冷凍できるモミジガサは幾らあっても困らないので、それも採って来ようということになった。まるOK 今日も二人でそれから2時間ほどあちこちの山の斜面を歩き回り、目的の獲物を予想以上に収穫して、名前は忘れましたがキノコ狩り名人曰く「この時期に採れる食用キノコの代表格」という大型のキノコも収穫して山荘に帰ってきました。ウインク音符 勿論今日の朝食も山菜尽くしで、特に香り高いウドやセリを使った料理は絶品でした。

朝食後は、奥方連も合流してのワラビ狩り、昨日同様獲物袋一杯に収穫し、タラの芽もそこそこ集まったところで今回の山菜狩りは一応終了としました。まる拍手 この後は「白州・尾白の森名水公園」と「サントリー白州蒸留所」いうところに行って見ることにしました。笑顔音符 「白州・尾白の森名水公園」は名水百選の尾白川の辺にあって、深い緑に囲まれた広大な敷地内に「水の庭園」や「森の散策路」、「水路の見える散策路」、更には「日だまりの広場」、「イベント広場」などがあり、「尾白川堰堤」では子供達が安全に水遊びが出来るようになっています。また名水露天風呂も有るので、それだけを目的に来る人もいるようです。笑顔OK 僕らは先ず公園内をほぼ一周できる「森の散策路」をのんびりお喋りしながら散策し、次いで「水の庭園」更には「尾白川堰堤」等を巡って、山菜狩りでは味わえない自然の景観を楽しんできました。ラブ 「サントリー白州蒸留所」の方は、この地の名水を利用した文字通りサントリー・ウィスキーの蒸留所で、約26万坪の敷地内に工場を始めとした様々な施設があって、今回はこちらのレストランで昼食を採らせてもらいましたが、試飲も出来る無料のガイドツアーの方は時間の都合もあって残念ながら割愛しました。笑顔音符

今年もまた八ケ岳へ山菜狩りに^^♪

9a6f064d.jpg
先週とは打って変ってお天気は上々太陽の週末となりましたので、今週こそはと、何度もお誘いのあった八ケ岳への山菜狩りにお出掛けすることにしました笑顔音符
大学時代からの友人夫婦と、「春の山菜狩り」「秋のキノコ狩り」に此処へ来るようになってもう何年経つのでしょう。笑い まだまだ友人に比べたら素人同然ですが、それでも、数は少ないものの、これは絶対と言う獲物だけはどうにか判別できるようになりました。まる また、それらの獲物の採れる場所も少しづつ分るようになって来ましたし、昨年収穫したところを覚えていたりして、時として友人より先に獲物を見つけられたりすると、妙に嬉しかったりします。ウインクOK

友人の別荘があるのは、JR小梅線「甲斐大泉駅」近くですが、ここは標高は約1,158mで、全JR駅中第3位の高さを誇るところだそうですが、まるで時間を1ヶ月ほど逆行させられたかのごとく、駅前にはヤエザクラが満開でしたし、各所でユキヤナギ、レンギョウといった花や水仙や菜の花、シバザクラなどの群生も見られました。笑顔音符 一年に二度も同じ花の満開時期を楽しめるというのは、嬉しいというよりもむしろ奇妙な感じという気もします。笑顔汗
それはさておき、今回も昨晩(金曜日の夜)10時頃家を経って、午前零時前には山荘に到着しましたので、中央高速はかなり順調に流れていたと言えますが、途中で覆面パトカーに追尾され、危うく捕まるところでした。ドクロ汗 中央高速はほぼ全線に近く80Km/h制限なので、捕まればほぼ即免停状態で走行している車両が多く、無意識に流れに合わせて走っているとついつい制限速度超過となるので危険だなと、冷や汗をかきました。困った 今朝は、これもいつも通りなのですが、友人と二人だけ6時に起き出し、早速近場の猟場に入り、3時間ほど掛けてモミジガサ、ミズ、ウド、フキ、タラの芽、ミツバ、ヨモギなどを収穫してきました。 収穫量は予想外に大量で、持っていった獲物袋のどれもが満杯となって入りきれないほどでした。まるOK拍手 早速一部を料理名人でもある友人に調理してもらい、山菜尽くしの朝食を戴くこととなりました。笑顔OK 山菜メニューは、モミジガサの御浸し、フキの醤油煮、ウドの酢味噌和え、ウドと魚の煮付け、ミツバ入りの味噌汁などなどでしたが、美味しかった????ラブ
朝食後は奥様連同行でワラビ狩りに出掛け、これまた大収穫。笑顔音符 太くて立派なのが面白いように採れ、例年収穫している3ヶ所ほどの猟場を回っただけで、お土産用に持ち帰る分を考えても充分と言うほどの量となった。笑い それからはハイキング気分で山の景色を堪能しながらあちこち散策し、清里の清泉寮まで行って名物のアイスクリームを戴き、昼食には友人が蕎麦を打ってくれるというので、外食をせずに一旦帰宅することにしました。ウインク 何事にも凝り性の友人は、本格的な蕎麦の手打ちを目指してるとかで、手始めにネットで購入した蕎麦打ちセットとかで練習中らしい。笑顔 それでも既に大分練習を繰り返したらしく、実験中の作品を大量に食べさせられた家族からは最近は練習回数を減らして欲しいとの苦情も出ているとのこと。笑いアハハ。 でも今日の出来は、これまでで一番と言うことだったらしく、なかなかどうして、とても美味しかった。ウインクOK

ラ●ブ・イ●ージュ・7(セット)を見てきました^^♪

cce2d2d2.jpg
このコンサートも今年でなんと8年目を迎えるという事です。笑顔OK
このライブの音楽監督を務める羽●田氏も、演奏者の中心的存在の一人である加●隆氏も数十年来に渡り既知の間柄であることから、初回の公演からご招待いただき見させていただいています。笑顔音符 今年は、子供たちもそれぞれ将来の伴侶となる相手を見つけたこともあって、それぞれがパートナーのご両親或いは親族をご招待しようとチケットを贈ったとのことで、我が家とその関係者だけで8人も行く事になった。まる

東京公演は昨日からの3日間東京国際フォーラムのAホールで行われ、第1部がオーケストラ・イマ●ジュの「song of life 」で開演し、松○卓氏の「匠」「stargazer 」、小○亮太氏の「土手と君と」「夢幻鉄道」、宮○笑里さんの「fantasy for violin and orchestra」「I need to be in love(with古○巌)」、加○隆氏の「明日への遺言」「ポエジー?グリーンスリーヴス」「パリは燃えているか」でした。
第2部は、羽○田丈史氏の「地球に乾杯」「病の起源 liveimageバージョン」「rookies?愛のテーマ」で始まり、元○とせさんの「失われたものたちへ」「あなたがここにいてほしい」「恵みの雨」、古○巌氏の「愛しみの夜会」「チャールダッシュ」「Fine day! 」、ゴ○チチの「歩いても歩いても」「課外授業」「放課後の音楽室」「sound of the wind (with小○亮太)」「リベルタンゴ(with古○巌 小○亮太)」「my favorite things(with古○巌 小○松亮太 加○隆 羽○田丈史)」、 アンコール としては、「黄昏のワルツ」「Hello Goodbye」「情熱大陸」が、それぞれ演奏されました。まるOK

今回はこれまでこのライブの常連で、ある意味象徴的存在だった葉○瀬○郎氏が個人的都合で出演できなかったようですが、彼の抜群の音楽性とエンターテーメント性は別にして、個人的にはその暑苦しい個性が好きではないので、コンサート全体の印象としては、これまでのどの公演よりも出演者それぞれの個性が上手く生かされ、纏まりがあって後味の良いとても素晴らしいコンサートになったという印象を受けました。ラブOK拍手拍手

いよいよゴールデンウィークも最終日^^w

ba1ee965.jpg
なんだかすっきりしないお天気のまま今年のゴールデンウィークも最終日となっちゃいましたが、あな、なんと皮肉にもその最終日にこれまでに無い太陽快晴のお天気になるとは。。。ドクロ汗
でも、例年のごとくこの連休中はこれといった行楽地に出掛けるでもなく、この時ばかりはと何時もとは段違いに空いている都心の公園を中心に、季節の花を愛でつつ散策した僕には、暑くも無く寒くも無く、ちょうど良いお天気だったのかも。笑顔OK

これから初夏に向かっての新緑の季節は、木々木にとっては芽吹きの時でもあり、多くの草花も次々と開花して、一年で最も多くの草木の花々ハイビスカス花を楽しむ事の出来る季節でもありますよね。ラブ音符 レモン、夏みかん、金柑といった庭木としても良く見られる柑橘系の木々にも花が咲いて特有の芳香が漂ってきますまるOKし、その一方では栗やクヌギ、胡桃などの仲間は、これがどうやってあの丸い実を結ぶのかと首を傾げたくなるような房ひげ状の地味な花を咲かせ、一種特有の生臭い臭いを辺り一面に撒き散らしたりダメアウトしています。 今は町のあちこちでツツジが満開ですが、これからバラの季節となって、更にはハナショウブ、アヤメ、カキツバタといった梅雨の花々へと身頃が移って行き、きっとアッという間に、またあの暑い夏が巡ってくるんでしょうね笑顔音符アハハ 
今日は久しぶりにのんびりと家の近所を散策しながら、公園や街路樹の木々やその花々、庭木として植えられた草花などを写真にとって見ました。木々の花としては、トチノキ、クスノキ、エゴノキ、クルミ、ユリノキ、ニシキギ、カエデ、トウカエデ、シャリンバイなどが花芽を着けたり、咲いたりしていましたね。笑顔OK お正月の飾りに使われるユズリハは、その名の通り世代交代を告げる古い葉と新しい葉が今まさにしっかりと同居している姿を見せていました。まる拍手 今は全ての木々の枝に新しい葉がびっしり生え揃い、街中の何処を見ても目に優しい緑が目に飛び込んできて、まさに新緑の季節だなぁ??と実感させられます。ウインクOK

浜離宮恩賜公園から水上バスで浅草へ^^♪

a641baa5.jpg
今年のゴールデンウィークは前半が完全な飛び石となって、ほぼ暦日通りの出勤だったせいか、やっと昨日からが連休本番って感じでしょうか。。。ドクロ汗 それに、先月までの長期予報では今年のゴールデンウィークは快晴続きとか言っていたのに、いざ本番となると快晴なんて殆ど無く曇り空か小雨交じりといった鬱陶しいお天気続きとなった。悲しい いくら私が行楽地へのお出掛け予定をしてないとはいえ、こう愚図ついたお天気が続くと気分も晴れませんねぇ??困った
それでも、折角のお休みですし、ゴールデンウィークの都心は何時もの休日以上に空いていて、ちょっと気分転換にぶらつくには最適とばかりにお出掛けしてみることに。。。笑顔音符

車だと常に駐車した場所に戻らねばならず、どうして目的地と家の往復と言う感じになりやすいので、今日は電車電車で築地辺りまで行って、浜離宮恩賜公園などを散策して、そこから水上バスで隅田川を遡り、浅草まで行ってみようということになりました。ウインクOK
こうして思いつきでお出掛けしたのですが、今日はどういう訳か思いがけない幸運に恵まれました。ラブ その第一は、大江戸線の汐留めで降りてカレッタ汐留という駅構内隣接施設を歩いていると、みどりの日に因んだイベントのようなものが開催されていて、「ガザニア」ひまわりの鉢植えを二鉢も無料配布されちゃいました。まるOK 続いての幸運は、浜離宮恩賜公園に入ろうとすると、「ん?」入り口に係員はいるのに、券売機が閉鎖されている。。。ドクロ汗 それなのに人はどんどん遊園して行きます。ウインクはてな 係員に訳を聞くと、「今日は年に一度の無料開放日なんですよ!」・・・だって。。。。笑いOK拍手拍手ラッキー!!

・・・そういう訳で、園内は何時も以上にかなりの人出で賑わっていましたが、無料開放とあってはこれもいたし方がありません。笑顔音符 それでも東京湾の海水を引き入れた潮入の池と二つの鴨場を持つ江戸時代の代表的な大名庭園で、25ヘクタールと言う広大な敷地面積を誇るだけに、入ってしまえばそこは別世界。まるOK 芝生広場にシートを敷いて持参したお弁当おにぎりを食べたり、名園の景観をゆっくり楽しんだりと庭園散策を満喫し、最後に園内にある水上バス船乗り場へ向かいました。(ここは浜離宮の名の通り、東京湾に面していますので、園内に船着場があって、そこから水上バスに乗れるのです。笑顔音符) ところで、この水上バスの航路は竹芝桟橋から浅草間を往復しているのですが、浅草に向かう場合、地理的に竹芝桟橋が浅草方面行きの始発点で、浜離宮からだと途中乗船することになるので不利だとばっかり思っていました。・・・が、な・なんと、実はこの航路は、浜離宮からだと竹芝桟橋行きにしか乗れないので、浅草に向かう場合は竹芝桟橋発の船に予め乗船していることと同じなので、浅草に向かう時は確実に座れると言うことが判明。笑顔音符 これが本日第三の幸運でした。笑いまる拍手
5分ほどで竹芝桟橋に着くと、船着場には乗船客が長蛇の列。その一方で船内は浅草から乗客が降りて一気にガラガラとなった。当然僕らは素早く一番前の窓側の席をGET!笑いOK そこから約40分の水上散歩で隅田川を遊覧船しながら浅草へ。笑顔音符 この後は、何時ものように浅草の仲見世を冷やかし、浅草寺にお参りして、浅草の町でお茶したりして、の???びり過ごし帰って参りましたが、色々と思いがけない幸運続きの一日でした?????。ラブOK
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ