徒然なるままに♪

週末のドライブ、近所のお散歩、公園散策などなど、日頃の出来事やお出掛けの記録を絵日記風に書いてます♪

2007年12月

メリー・クリスマス^^w

d1b157f2.gif



















木キラキラメリー・クリスマスキラキラクラッカーグラスキラキラ

皆様笑顔どうか良い年をお迎えくださいd(^-^)ネ!ハート

クリスマス・コンサートに行ってきました^^♪

img20071229.bmp今日は、某大手不動産販売会社が主催するコンサートにご招待を受け、渋谷・Bunkamura「オーチャードホール」に行って来ました。このコンサートは社会貢献活動の一環として「家族みんなで楽しめるコンサート」をテーマに既に20年間続けられて来ているそうで、今回で71回を数え、これまでに約16万人もの人を無料招待して来ているとのことです。日頃はアメリカンミュージックを中心としたポピュラー音楽ばかりを聴いて(聴かされて?)いますが、偶にはクラッシックのホールでオーケストラの演奏に耳を傾けるのもいいものです笑顔音符
今回のクリスマス・コンサートでは、司会が元NHKのアナウンサーの好本恵さんで、ゲストにはヴァイオリニストの前橋汀子さんと、ソプラノ歌手の幸田浩子さんが招かれ、指揮は円光寺雅彦氏、演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団という顔ぶれで、クリスマスにちなんだ名曲の数々が公演されました。演目は、<第1部>がビゼー「アルルの女」から「カリヨン」、アンダーソン「そりすべり」、モーツァルト ドイツ舞曲「そり滑り」、ソプラノの幸田浩子さんの独唱を交えてアルディーティ「口づけ」とB.ドンギア「新しい色の祝祭にて」から「カリヨン」の2曲、ヴァイオリンの前橋汀子さんの演奏を交えてマスネ「タイスの瞑想曲」とサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」の2曲、J.ウィリアムズ 映画「ハリー・ポッター」から「ヘドウィグのテーマ」が演奏され、休憩を挟んで<第2部>では、ベートーベン「ロマンス2番」、再びソプラノの幸田浩子さんとヴァイオリンの前橋汀子さんを交えてオッフェンバック 歌劇「ホフマン物語」から「森の小鳥は憧れを歌う」、チャイコフスキー バレエ組曲「くるみ割り人形」から「こんぺい糖の踊り」「トレパーク」「花のワルツ」、最後にクリスマスソングメドレーが演奏されました。OK笑顔 2時間半ほどの公演でしたが「家族みんなで楽しめるコンサート」といったテーマに相応しい内容のバラエティーに富んでとても聴きやすいコンサートでしたまる音符

六義園のライトアップされた紅葉を見に行って来ました^^♪

59a104e8.jpg
今日は久しぶりに映画館に行って映画でも見ようかという話になり、豊島園の駅前にある映画館で「ALWAYS続・三丁目の夕日」という作品を見てきました。笑顔音符
僕は昔からあまり映画を見る習慣が無く、特に日本映画は、わざわざ劇場にまで行って見たという記憶が殆どありませんドクロ汗 西部劇や外国のサスペンス映画は大好きでしたので、父親に連れられて見に行ったり、学生時代に友人に誘われて出かけたりした記憶が少しはありますが、大人になってからは、テレビやビデオ以外で映画を見るという発想そのものが、僕の頭の中から欠落してしまったようです。笑い その一因となったのは、僕が最悪のヘビー・スモーカーで、ひと頃はまさしくチェイン・スモーカーと言われるほど切れ目無くタバコに火を着けていたからだと思います。困ったアウト それと同じ理由で喫煙の出来ない乗り物も嫌いになって、僕にとって移動手段と言えば、歩くか自転車やバイクに乗るかマイカーというのが定番でした。ウインク でも今はきっぱりと禁煙し、彼是5年近く経ちましたので、もうそういう詰まらない考えをする必要はないのですが、習慣とは恐ろしいもので、映画館に映画を見に行くと言う発想そのものが浮かばなくなっているという現実には、少なからず驚かされます。落ち込み

映画そのものは、終戦の年に生を受けた我々世代には、何もかもが懐かしいものばかりで、今更ながら、戦後に起きた物質文明の進化のスピードの速さと豊かさを再確認させられると同時に、失ったものの多さと大きさにも痛感するものでした。笑顔ラブ悲しいドクロ 夕方からは、駒込の六義園で今「日本庭園の紅葉のライトアップ」を公開中ということでしたので、きっと今が見頃じゃないかと思い、見に行って来ました。笑顔音符 六義園は、年に何度も訪れるほど、僕にとってお気に入りの庭園ですが、紅葉の時期に夜間にライトアップされた庭園を見に来たのは、もしかしたら今回が初めてかもしれません。笑顔音符 行ってみると、新聞にも紹介されていたこともあってか、流石に大勢の人が入園されていて、普段園内では見られない出店などもあってかなりの賑わいでした。まるOK 楓の紅葉としては少し時期を過ぎている感がありましたが、光に浮き上がる光景は、何処を向いても日本庭園ならではの風情に溢れ、来てみて良かったと思わせるだけの見応えがありました。OKまる拍手

西伊豆の堂ヶ島までドライブして来ました^^♪

6322f4d2.jpg
本日は例の山菜採りとキノコ狩りの名人にして大親友である御仁から、恐らく今年最後となるであろう八ケ岳行きのお誘いを受けたのですが、当方の箱根の別荘も年内に一度は行って凍結防止など越冬準備(チョッと大袈裟魔かな笑いはてな)をして来なければなりませんので、今回もまた泣く泣くお申し出をお断りすることになっちゃいましたドクロ汗 結局、今年の秋は9月末のキノコ狩りを最後に2度ほどしか行けませんでしたが、その間に彼が釣り上げた海の幸を自家製の干物にしたものや、彼の単独行で収穫したキノコの瓶詰めなどをチョコチョコ送ってくれてましたので、我が家の食卓は何時も彼の収穫した獲物で賑わっていました。笑顔音符 おまけに、僕が糖尿病と言うので、やれトンビマイタケが良いとかタラの樹とウドの根が良いとか言っては、それらを煎じて飲むようにと乾燥したものを何処からか手に入れて送ってくれるんです。ラブ そういう当の本人も、相当のメタボリック症候群のような脂肪たっぷりのお腹をしているのですが、そっちの方は大丈夫なんだろうか。。。。。ドクロ汗
それはともかく、今日はETCの早朝割引をGETしようと朝5時に起き出して、東名高速のインターを目指して出発。車ダッシュ この割引システムは、そもそもがETCの普及PRとラッシュ時の混雑解消を目的として実施されているようですが、「通勤時間帯割引」とか「早朝深夜割引」とか色々あるらしく、おまけにその対象区間や適用条件(時間帯とか適用区間の走行距離)とかが決まっているのでややこしく、頭の硬くなった年寄りにはルールを理解するのが面倒だ。。。悲しい でもこういうのって、実際に適用されようがされまいが、挑戦すること自体なんかゲームっぽくって楽しい笑いOKo(〃^▽^〃)oあははっ♪
こんな早朝から動き始めたのだから当然かもしれないけど、道は空いてるし立ち寄る場所も無いので、あっという間に裾野インターに到着。笑顔音符 今日は日帰りで冬支度をしてくるだけなので、別荘に直行してもつまらない。。ということで、最近あまり行っていない西伊豆方面をドライブしてみようと言うことにしました。笑顔OK 西伊豆には思い出があって、それは学生時代(と言ってももう40年も前の話だドクロ汗)に、堂ヶ島と言うところで、生まれて初めてのテントを張ってのキャンプをしたことです。笑顔音符 これは今も鮮明に覚えていて新鮮な驚きの連続でしたが、ともかく当時は修善寺辺りまでは電車で行けましたが、堂ヶ島へはそこから石ころだらけの悪路をバスで行くしかなく、相当な僻地という感じでした。落ち込み その思い出を頼りに、とりあえず一応の目的地を堂ヶ島と定めてカーナビをセット。笑顔音符 ほぼ半日を掛けて土肥港、恋人岬、黄金崎、堂ヶ島と巡ってきました。笑いOK拍手 伊豆は磯と温泉の名所でもありますので、当然のことながら美味しい磯料理を堪能し、立ち寄り湯にも浸かって遊びまわり、結局別荘に着いたのは夕方の6時過ぎだった???。笑いウインク

フ●ルメール展を見に国立新美術館に行って来ました^^♪

a1801c67.jpg
本日は午後から来客があって出社の予定となったため、午前中に前から一度は行ってみたかった六本木の美術館に「フ●ルメール「牛乳を注〇女」とオラ●ダ風俗画展」を見に行ってきました笑顔音符
この美術展はアムステルダム国立美術館に集められたオランダ美術の膨大なコレクションの中から選りすぐり油彩画、水彩画、版画、工芸品を100点余り展示するといったなかなか見応えのある展覧会です。ラブ 特に今回の作品群は、スペインからの独立後、著しい経済的発展を遂げたオランダ社会を背景に、生き生きとした市民の日常の情景を描いた風俗画が数多く展示され、宗教画や肖像画、風景画といったものには見られない主題や構図で、実に細やかに写実的に描かれた作品が多かったのには、抽象画の苦手な僕には実に好感が持てました。笑いOK また、光無くして絵画も彫刻も写真も、視覚的な芸術の全てが成り立ちませんが、これらの絵画には、ろうそく一本の灯り、窓辺に差し込む僅かな明かりに浮かび上がる情景が描かれているものが多く、それらの情景が臨場感を伴ってものの見事に表現されいることに感動させられましたが、それと同時に、矢張りこうした絵画は実物を見ないと、その真価を評し難いものだと痛感させられました。ウインク電球

話題の国立新美術館は、入ってしまえば展示空間そのものは他の美術館と大差は無く、その機能性や存在意義等はともかくとして、建物自体のデザイン性は確かに一見の価値ありと言う感じでした。笑い音符 それはそうと、美術館の建つ竜土町と呼ばれるこの界隈は、20数年前に、僕が、当時としては珍しくチョッと話題を呼んだニューヨークスタイルのカフェバー&レストランのお店を出していたところですし、今の会社の創業の地でもあるので、ここに来ると若かりし頃の色々な思い出が蘇ってきて実に懐かしい。ラブキラキラ あの頃は六本木交差点から青山に抜ける方面には防衛庁が在ったこともあって周りにこれといった商業施設も無く、夜ともなると明かりも乏しかったのに、今のこの変貌ぶりには俄かには信じ難い思いもします。笑いドクロ まさに隔世の感とはこのことだな???ウインクびっくり
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ