徒然なるままに♪

週末のドライブ、近所のお散歩、公園散策などなど、日頃の出来事やお出掛けの記録を絵日記風に書いてます♪

2007年11月

新江戸川公園と小石川後楽園を一巡り^^w

0f133c58.jpg
例年に比べ暖かい日が続いていた影響で木々木の紅葉も遅れ気味でしたが、先週辺りから一段と気温が下がったこともあってか、街路樹や公園の木々にももやっと紅葉が見られるようになって来たようです。笑顔音符
でも、朝晩がかなり冷え込むものの、晴れた日太陽の日中の気温は穏やかで、まさに「小春日和」といった感じですから、逆に今がお散歩にはもってこいの季節と言えるのかもしれません。OK笑顔
この三連休は、そんな穏やかなお天気が続きそうだという予報でしたので、家の近所を中心に家内と二人でお散歩三昧して過ごすことにしました。ラブ

そんな訳で、昨日は昼少し前ぐらいから近所の商店街をぶらつくことに。。。ウインク音符 そうは言っても目的が歩くことなので、先ずは一駅先(1.4Km)の商店街へ。OK ここはウィンドウショッピングを楽しみながら素通りし、そこから更に数キロ離れた高円寺商店街(3.5Km)へ。走る汗 ここで昼食を挟みながら再びウィンドウショッピング。笑顔音符 そこからは帰路なのですが、同じ道を帰るのもつまらないので中野のブロードウェイ商店街(5.7Km)へ寄り道して帰ることに。ウインク汗 中野で夕食の買い物などを済ませて家(8.2Km)に辿り着いたら、もうすっかり日が暮れていました。笑いOK いやぁ??実に良く歩いた!ウィンドウショッピングで歩いた距離も含めたら昨日だけで多分10Km以上は歩いてるなぁ??まるOK
・・・・ということで、本日は自転車自転車で公園を中心に回って紅葉狩りを楽しむことにしました。笑顔音符 今日の公園巡りの第一弾は『新江戸川公園』。この公園は文京区立の比較的小さな公園ですが、元は旧熊本藩の細川家の下屋敷跡で、湧水が豊富だった目白台と呼ばれるこの辺りの地形を生かした回遊式泉水庭園の美しい景観が楽しめます。まるOK 本格的な紅葉にはまだ少し早かったかもしれませんが、ケヤキやハゼノキなどもかなり色付いていてまずまずといったところでした。まる音符(ここまで約6.5Km)
神田川沿いに移動し、椿山荘の庭園をちょっと覗いてから更に移動して小石川の後楽園まで行ってみることに。笑顔音符 こちらも文京区にある公園ですが、後楽園は文化財保護法で特別史跡及び特別名勝に指定されている都立公園なんだそうです。笑顔電球 ここに来て見れば分りますが、東京ドームやジェットコースターなどの遊具が溢れる後楽園遊園地の裏手に、それらとは全く正反対の静寂と緑豊かな景観が広がっているとは、誰もが想像できないのではないでしょうか?笑い ここは水戸徳川家所縁の庭園で、その特徴として各地の景勝を巧みに模した表現がなされていて、大変美しい景観の回遊式泉水庭園とされています。OKまる拍手 「百聞は一見に如かず」ですので写真をご覧ください。笑い(ここまで約9.7Km)広さ約7万?と言われる園内を隈なく歩き回って素晴らしい景観と紅葉を満喫して帰ってまいりました。まる音符・・・って、帰り道にサーティワンを見つけて迷わずINびっくりラブラッキー音符バニーキラキラ



平林寺まで紅葉狩りに行って来ました^^♪

812c69bb.jpg
昨日辺りから大分気温が下がってきて、今日は全国的に西高東低の冬型の気圧配置となり、東京でも夕方近くなって木枯らし一号が吹いたとかで、いよいよ冬本番を迎えそうな季節となりました。ドクロ
それでも今日の朝は快晴太陽で風もなく、この分なら日中は比較的穏やかな陽射しが期待できそうでしたので、久しぶりに自転車自転車でお出掛けして見ることにしました笑顔音符 後一月もすれば冬至ですから、今が最も日が短い時期に当たることになります。ですからこの時期の自転車でのお出掛けは、なるべくなら4時くらいまでには帰って来たいと思うのですが、そうかと言ってあまり早朝に出発するのも寒くて敵いません。困った汗 そんな訳で、これからはどうしても目的地を近場に設定せざるを得ないのですが、今日はお天気も良いし、一人での外出ということもあって、久しぶりに埼玉県新座市にある平林寺まで紅葉狩りに行って見ることにしました。OK笑顔

平林寺のある新座市までは、ちょっと前まで毎週のように知り合いの農家に野菜の買出しに出掛けていましたが、先方の都合もあって最近は暫くご無沙汰しています。でも、新座市は埼玉県といっても距離的には家から15Kmほどで自転車でも小一時間で行けてしまう距離ですし、その途中には畑や自然林を活かした公園など、いかにも郊外らしい広々とした景色が楽しめるので、特にちゃんとした目的地を定めなくても、自転車自転車で走るコースとしては適しているような気もします。OK笑顔 平林寺は川越城主松平信綱の菩提寺として知られる臨済宗妙心寺派のお寺で、山号は金鳳山というそうです。しかしそれよりもなにより、平林寺は今でも約13万坪(43ヘクタール)もの敷地を保有し、その敷地の殆どが今では残り少なくなっている典型的な武蔵野の雑木林として保存され、その雑木林自体が天然記念物に指定されているというほど自然豊かなところが魅力です。まるOK
また、この雑木林やその周辺には、新座市野火止という地名の由来ともなったといわれる野火止用水路があって、今でもそこに豊かな水量の清流が流れているということも、ここが動植物に恵まれた環境となっている一因といえるのかもしれません。ウインク電球 
ここに来る途中関越道沿いに「ダチョウ牧場」(本当にダチョウが多数飼育されていましたが、ポニーの乗馬もやっているようでした)なる看板を見つけて立ち寄り、少し時間を潰してしまいましたが、それでも比較的早い時間に平林寺境内に入りました。それでもお天気が良かったこともあるのでしょうか、お年寄りを中心に既に多くの方が入られていて、特に入り口付近の山門から鐘楼、本堂に至る造園された境内周辺は人でいっぱいでした。笑顔音符 この時期ですから、皆さんのお目当てはカエデの紅葉。笑顔OK・・・ということで、特にその周りは、三脚を立てて本格的な撮影を試みる人、僕のようにインスタントカメラでスナップを撮る人、更には携帯電話のカメラで撮って、すぐその場で家族かお友達に送る人など、お花見といえばどの公園でも見られる何時もながらの光景が展開されていました。笑い音符

まあこれは、思うことは皆同じで、お互いさまですから多少は仕方のないことですが、目的が同じのお仲間であればこそ、僕はどおしても、お互いを思いやる配慮・気配りみたいなものを期待してしまいますが。。。三脚使用禁止とあってもそれを全く無視して長時間被写体を独占する人、皆がそこに立ちたい撮影のベストポイントを譲らず、撮影が済んでもおしゃべりに夢中になる人、その場で携帯メールを打ち始める人、果ては、そういう場所にシートを広げてお弁当を食べ初めてしまう人などなど。。。。落ち込み困った悲しい そうなればもう「泣く子と地頭には勝てない」のコトワザどおり、早々にその場を後にするしかありませんよねドクロ汗汗・・・ってことで、折角ここは広大な自然を満喫できる場所ですから雑木林の広がる散策路へ移動。笑顔音符 野鳥の声に耳を澄ませ、その姿を追い掛け、空を隠すほどの高木の隙間から差し込む木漏れ日の美しさに感動し、足元に無数に落ちているドングリや絨毯のように敷き詰められた枯れ葉を踏みしめる音を楽しんだりしながら、時間が過ぎるのを殆ど忘れて散策路を歩き回り、気付いたらもう午後の一時過ぎ。。。今日はいったいどれほどの距離を歩いたんだろう?笑い音符

一人で自然の中に居ると何時もこうなって、ついつい食事を採るんことさえ忘れちゃうので、今日は境内に入る前にお茶のペットボトル入りのお茶と普段は買って食べたこともないクランチタイプのチョコバーみたいなやつを齧って来ましたので、不思議とお腹は空きませんでした。笑顔 でも、もうそろそろどこかで昼食でも食べ、そのまま帰路に着こうかと思いながら平林寺を出ましたが、折角ここまで来たので、その前に知り合いの農家にちょっと挨拶に立ち寄ることにしました。笑い音符 平林寺裏の野火止用水が流れる遊歩道から農家の裏庭に入れるので、そこから覗くと、ちょうどご主人が庭先に出ていてご対面。ラブ キウイの出荷に大忙しの様子でしたが、その手を止めての長時間のおしゃべりが始まっちゃいました。笑顔音符
すっかり歓待していただき、お土産に沢山の野菜まで頂いちゃって、帰りは前かごにキウイを満載、後ろの荷台にダンボールを括り付けるほどの大荷物になっちゃいました。まる音符それでもどうにか家まで無事到着。笑い 本日の行程、32.4Kmでした。笑顔音符・・・・あ!お昼食べるの忘れた!!ドクロ汗汗

今年は柿が豊作だぁ??^^♪

d4e4fefc.jpg
昨日は上野まで美術展を見に行って来ましたが、小雨ではあるものの、ほぼ一日中雨雨が降り続き、何時も賑やかな上野公園がひと気も疎らで閑散としていました。ドクロ そうなると折角の公園も、逆に広いだけに寒々としていて、のんびり散策すると言う気分にもなれず、外食を楽しむどころか用が済んだら、さっさと家路に着いてしまいました悲しい 左の写真は昨日の上野公園ですが、そんな雰囲気が伝わってくるんじゃないでしょうか。。。ウインク でも、このところ気温の低い日が続いたせいでしょうか、上野の森の木々も大分色付いて来ていて、来週辺りからはそろそろ東京でも紅葉も楽しめそうです。OK笑顔
今日も予報では夕方近くまで雨雨が残り、遅くなってからは次第に天気が回復するというような話だったんですが、お昼近くになって雨が上がり、薄日が射しそうな気配となったため、急遽、お庭の柿の実を収穫することにしました。笑顔音符 この柿の木は植えてから丁度八年くらいしてやっと実が着くようになり、それ以来多少の波はあるものの毎年沢山の実を着け楽しませてくれています。まるOK それが今年はまたどうしたことか、今まで見たこともないほど大きく粒揃いの実を、枝が折れそうなほどたわわに実らせ、熟したものから野鳥に食い荒らされ始めていましたので、意を決して今日のうちに全部採ってしまうことに。。。。笑い 
柿は収穫してからも追熟があるので、収穫のタイミングを失すると結局は木の枝で熟し過ぎてダメにしてしまいがちなので、今日辺りがベストと踏んだわけです。ウインク音符 それで、先週のうちにホームセンターに行って高さ180センチくらいの脚立を購入してきて準備は万端整えていただけに、今日の午前中の早い時間に雨が止んでラッキーでした。OK笑顔拍手 柿の木はそれほどの大木ではないので大したことはないと思っていましたが、いざ収穫してみると思いのほか大量の実が着いていて、全部を採り終えるのには間に昼食を挟むほどでした。笑顔汗 大きさは平均的に大きく粒揃いでしたが、大きいものは優に僕の握りこぶしくらいはありましたね??笑いOK 数も多くて、色々人にお分けしたものも数えてみると150個ぐらいあったようですまる音符 一所懸命肥料を上げて世話したからでしょうか?それとも今年の気候が柿の実を成熟させるのに適していたのでしょうか?とにかく甘くて美味しい柿がいっぱい収穫できて大満足の一日でした。ラブo(〃^▽^〃)oあははっ♪ ・・・で、この後に収穫の後片付けを終えた辺りから直ぐまた雨が降り出し、夜になれば止む筈の雨が逆にどんどん激しくなって夕方には雷まで鳴り出したのには驚きでした。ドクロ 

「フоラデルフоア美術館展」を見てきました^^♪

10af9b1a.jpg
今週末は土日共に一日中雨雨という予報でしたので、週末恒例の公園散策は出来そうもありません。悲しい そこで、土曜日の今日は上野の東京都美術館で開催されている「フоラデルフоア美術館展」を見に行くことにしました。笑顔音符
アメリカ合衆国の建国の地とも言うべきフィラデルフィアにあるこの美術館は、130年を超える歴史を持ち所蔵品の数は約25万点に及ぶといわれるアメリカ屈指の美術館だそうです。まる拍手 そこにアメリカの富と繁栄の象徴とも言える形で集められた美術品は、いずれも西洋絵画の巨匠たちの名作揃いで、今回の美術展ではコロー、クールベ、、マネ、モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、カンディンスキー、マティス、デュシャン、シャガール、ミロ、マグリット等の作品が見られるということでした。OK笑顔
でも最近は、何処の美術展に行っても結構な人出で、芸術に対する関心の高まりは大いに歓迎したいところですが、午前中でも少し遅い時間ともなると人が多過ぎて中々落ち着いて見ることが出来ません。困った それに、大勢の人が詰め掛ければ、どうしてもマナーの悪い人も多くなりますので、折角の芸術鑑賞も後味の悪い思いをすることも少なくありません。落ち込み そこで、なるべくなら気持ちよく見たいという考えから、最近は比較的人出の少ない美術展開催期間の中頃を狙い、開館時間と同時位の早い時間帯に入館するように心掛けています。OK笑顔 お陰で今回は館内がそれほど混み合うこともなく、これらの名作をたっぷり堪能することが出来ました。笑顔音符
ただ、そんな中でも今回ちょっと気になったのは、最近の美術館に付き物の『音声ガイド』の使い方です。名作はどれも共通して、何も考えずとも作品の方から心に訴え掛けて来るものがありますが、更にそれに加えて、作者の生い立ち、その作品が描かれた頃の時代背景、作者の状況などが分ると更に味わいが増して来るところがあるのは確かです。笑顔OK そうした意味からは『音声ガイド』の役割は実に有意義ですし、僕もその恩恵に浴したことがあるのですが、この欠点としては特定の作品に固有の説明を聞きながら鑑賞することになるので、これを利用している人はどうしても作品の前での滞留時間が長くなり、しかも説明に聞き入っているせいか周囲の状況がほとんど見えなくなるようなのです。それは展示物の脇に貼られた説明書きについても言えることで、見ていると多くの人が作品よりも説明書きを読む方に多くの時間を割いているようにさえ見えます。困った そのことは決して他人事ではなく、人は誰でも何かを見た時、ただ感じ取るだけでなく無意識にそれを理解しようとする習性があるからかも知れません。ドクロ汗 そこで最近僕は余程予備知識がない美術展か、空いている時以外では、なるべく『音声ガイド』を使わないようにしています。笑顔電球 そうして出来る限り「作品そのもの」を心で素直に感じ取るよう心掛けています。笑顔音符 

本美術展は「印象派と20世紀の美術」とのサブタイトルがあるように、西洋美術史に於ける激動の時代とされる19世紀後半から20世紀の絵画の変遷をその代表的作家の作品を一同に並べて見ることが出来る貴重な美術展で、僕のようにどちらかというと近現代美術が苦手な者にも、今まで個々の作品が点として存在して好き嫌いがあったような気がしますが、そのどれもが時代の流れと共に鑑賞すると、何故か極自然に受け入れられるという感じがしました。笑顔音符

学園祭シーズン真っ盛り^^♪

2e789e26.jpg
10月も半ば過ぎてやっと秋の気配が色濃くなってきたと思ったら、何時の間にか朝夕はメッキリ寒くなり、気付いたらもう11月になっていたという感じの今日この頃です。ドクロ汗汗 コンビニの店内には年賀状印刷の注文受付のポスターが貼られ、ボジョレヌーボーだ、クリスマスケーキだ、お歳暮だ、はたまたオセチのご注文受け付けますなどという言葉まで見かけるようになると、いよいよ年の瀬が近付いたと実感させられます。。。落ち込み 確かに11月の声を聞けば今年も残り二ヶ月という訳ですからそれも当たり前なのですが、なんか毎年この頃になると何時も思うのは「ついこの前年明けを迎えたと思ったら、もう1年経つのか??。。。」という思いです。困った しかもそれが年々加速して行っているようで怖いくらいです。悲しい 自分としては、もっとのんびりゆったりと過ごしたいのですが、毎年決まった年間の行事に追われたり、先々に決まってゆく予定をこなしているだけで、時間だけが足早に過ぎ去ってゆくって感じで、それが年毎に増えこそすれ、一向に減る気配は見えないな??ドクロ汗アウト
さてさて、それはさておき、今日は宇都宮の某大学の学園祭に学生達のバンドが招かれているので、僕も見学がてら彼らに着いて行くことになりました。OK笑顔 この学園祭には去年も招かれていて、その時とても好評を博したとのことから、今年もまたお声が掛かったようです。まる拍手 ・・・でも、お招きを戴いたとは言っても、学園祭の実行予算を潤沢に持っている大学は実際には少なく今回のケースもその例外ではありませんので、本企画では当初から大型のワンボックスカーにバンドメンバーを乗せ、必要機材と共に現地入りすることになっていたようです。ウインク そして今回は、予定外のアクシデントが有って、急遽僕がその車の運転手も兼ねて同行することになっちゃった。。。。ドクロ汗汗 実は、貨物の他に8人は乗れるという大型のワンボックスカーというのを運転するのは初めてですが、運転大好きの僕は、それこそ『そんなの関係な?い♪』OK笑顔 それに加えて今日は絶好の「行楽日和」で、おまけに何故か高速道路も流れがスムーズ。笑顔音符最高に快適なドライブとなりました。まる拍手
ライブコンサートは学園祭最終日の最後のイベントとして企画されたものでしたので、気温も大分下がり辺りが真っ暗になった7時頃からの音出しとなりましたが、それにも拘らず彼らのステージは大変な盛り上がりとなり、今年もまた大好評でした。OKまる音符
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ