徒然なるままに♪

週末のドライブ、近所のお散歩、公園散策などなど、日頃の出来事やお出掛けの記録を絵日記風に書いてます♪

2007年01月

米寿祝い^^♪

8c149008.jpg
本日は義母の誕生日笑顔音符・・・ってだけじゃない^^wなんと祝米寿のお祝いの日ですOKまる
義母は僕の母とほぼ同世代なので、母が健在なら今頃一緒にお祝いできたのですが。。。ラブ
それにしても義母は実に元気ですOKまる 僕の方の両親が早く逝ったので我が家の子供達は祖父母といえば義祖父母しか知りませんし、嘗ては近くに住んでいたこともあり随分と可愛がっても戴きました笑顔音符 そういうこともあって、義父が亡くなった後、義母は暫くは僕らと同居していたこともありましたが、頗る元気な義母は、今は義姉の家の近くにアパートを借りて一人暮らしの気侭さを楽しんでいます笑い 勿論それも健康が故のことですから、それはそれで立派なことと言えるのかも知れませんOK

家内の兄弟も僕らと同様4人居ますので、定期的にみんなで交代で会いに行ったり、こと在る毎に世話を焼いているようですし、時にはその連れあいも参加して今日のようにお祝い事や食事などを楽しんだりもしていますので、義母としては安心でしょうし、今の暮らしの方が変に干渉されず快適のようです。笑顔音符あははは。 今日は僕らがお祝いのケーキを用意して義母を車で迎えに行き、義姉の家にお連れしての食事会を装って、米寿のお祝いは「サプライズ」にしていたので、義母はとても嬉しそうでしたOKまる おまけに料理上手の三姉妹が手料理を持ち寄ったり、手分けして腕を奮ったりしたので、テーブルの上は食べきれないほど美味しい料理が並びました笑い音符 その間、男連中は家庭用のカラオケに夢中ウインク 米寿祝いに引っ掛けてカラオケ評価点数88点を目指し、自慢の喉を義母に聞かせて拍手喝さいを受けていましたOK拍手 ・・・・・・う???ん、それにしても、これだけ料理が並ぶと幾らセーブして食べているつもりでも、今日はチョッと食べ過ぎたかも・・・・ドクロ汗汗

これが流行のハウスウェディング?^^w

5a5248db.jpg
今日は姪っ子の結婚式に招かれて行って来ましたクラッカーキラキラまる
結婚式といっても二人とも商社勤めの忙しい体なので、学生時代から数えて10年目の記念日に入籍だけ先に済ませて、やっとこの日に結婚式を挙げることになったそうだ笑顔音符 結婚式というと、一頻り身内や友達、同僚の結婚式に呼んだり呼ばれたり、それが過ぎて会社の後輩や部下の世代のそれとなり、やがては何組かの仲人や主賓として呼ばれたりしていたのが、とうとう自分達の子供の世代の結婚式に招かれるようになった。。。ウインク電球いやはや年の経つのは早いものだぁ??ドクロ汗
そして、その結婚式のスタイルも時と共に随分と様変わりするものだと驚かされます。笑顔僕らの時代にも、仲人は既に形式的となっている傾向がありましたが、最近ではその形式的な仲人すら立てないケースや、式そのものも神前等ではなく仲間や友人などの人前?で結婚の誓いをするとか、挙式場所も所謂式場を離れ、様々なスタイルで行なわれるようになって来ているようですOKまる今回姪っ子たちが挙式したのもそういった新しい結婚式のスタイル「ハウスウエディング」と呼ばれるものの一つのようです。OK これは迎賓館のような庭付きの一軒家をまるごと貸し切って挙式から披露宴までをそこで行なうのですが、招待状や座席表作り、料理料理グラスの内容からテーブルコーディネート、余興マイクの構成、BGM譜面の選曲、庭を使っての演出などなど、全てを結婚する二人のアイデアを生かして全くオリジナルの結婚式ができるというものなのだそうです。OKまる
今回の会場は、市ヶ谷の旧日本テレビの裏手にあるAimee Vibert / エメ・ヴィベル という庭付き一戸建ての邸宅型レストラン。まさにハウスウェディングの名にぴったりの会場でした。ラブOK エメ・ヴィベルとは薔薇の花の品種の一つで、蕾は明るいピンク色ですが開花すると白となり、春の開花時には丸弁咲きの花が枝を覆いつくすほど見事に房咲きとなるそうです。バラその名のとおり、この日の挙式会場にも充てられた庭園には、白い薔薇の花があちらこちらいっぱいに飾られていて、如何にも結婚式場に相応しい、清楚な気品に満ちていました笑顔音符 流石にこの時期には、屋外での挙式というのはチョッと寒かったのですが、この日は幸いにしてお天気に恵まれ、二人の熱気が寒さなんか吹き飛ばすほどでしたので、そんなことを微塵も感じさせないほど笑顔と笑いに包まれた素敵な式典となり、さぞかし二人には思い出に残る結婚式になったことと思います。笑顔拍手拍手

姪っ子は父親の仕事の都合で、誕生から幼少期の殆どを海外で過ごした根っからのバイリンガルですが、日本人以上に気配りの利くとても気立ての良い娘で、披露宴では職場の仲間や多くの友人に祝福さ如何にも幸せそうでした。ラブまるうちの息子や娘達も、近いうちにこういう時期が来るんだろうなぁ??ウインク 見ていて、なんか嬉しいような寂しいような複雑な気持ちがしました笑い音符

目黒の庭園美術館に行ってきました^^♪

35e7c786.jpg
先週は「目白」の新江戸川公園」に行ったので、洒落じゃないけど今週は「目黒」方面に行ってみることに笑顔音符 「目白」は比較的家から近く、都心に向かうのに良く通るので馴染みがありますが、「目黒」というと昔勤めていた会社のあった「恵比寿」の隣っていう程度で、偶に駅前の「とんき」という美味しい「とんかつ屋」さんに行くくらいで滅多に出向かない。ドクロ汗でも去年、同じく駅の傍にある「(国立科学博物館付属)自然教育園」と言うのを訪ね、その自然の豊かさにお驚き魅了されちゃいましたラブ
東京には他にも都会とは思えないほど自然豊かな庭園や公園は沢山ありますが、ここの公園は、その名の通り自然そのままでありながらそれ自体が植物園と言う感じで、散策に必要な手入れは行き届いているものの、いわゆる公園のような造作物は一切ないという画期的な場所で、しかも、いかにも元々が中世の豪族が築いた邸宅跡に相応しく、広大な敷地の周りに高い「土塁」が築かれていて、その上に様々な高木を植えたという地形をしているので、駅近くだというのに園内の散策路からは殆ど周囲の建物が見えません。OKまる・・・ということで、今日もそこに行ってみることにしましたぁ??笑顔音符
ところでこれは余談ですが、「目黒」というと東京23区の地名の一つだったり、昔から「目黒の秋刀魚」という落語にその名が登場したりと有名ですし、「目白」は目白で田中元首相の「目白御殿」や学習院・日本女子大などの学校が集まっていることで、そこに行ったことが無くてもこれらの地名を知っている人は多い筈。OKまる・・・でも僕は最近まで、これらの名前が「黒」と「白」の対になっているのは単なる偶然と言うか、「駒込」と「牛込」とか、「六本木」と「五本木」とか、「上野毛」と「下野毛」のように単に良くある類似地名なのかな?くらいに思っていましたドクロ汗 ところが先日テレビを見ていたら、「目黒」には有名な「目黒不動」がありますが「目白」にも「目白不動」があるらしく、更には「目赤」や「目青」や「目黄」というのもあるというから驚きです。笑い音符
これは三代将軍家光が上野寛永寺を開いた「天海僧正」の発案を聞き入れ、「江戸」の鎮護と天下泰平を祈願して、「江戸城」の回りに元々在った五箇所の「不動尊」を選抜し、密教の五大要素である、地(黄)・水(黒)・火(赤)・風(白)・空(青)付したことに由来するそうです。OK笑顔
 
  
さて話を戻しますが、今日の目的の「自然教育園」の敷地の一部には、「東京都庭園美術館」というものがあります。電球 ここは旧朝香宮邸(朝香宮殿下は久邇宮家第8王子で、妃殿下は明治天皇第8皇女)だった建物を、そのまま美術館として公開したものだそうです。笑顔音符 この建物は嘗てヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式が採られていて、内部装飾もフランスをはじめとする外国からの輸入品が多用されていますが、日本独特の感性も付け加えられ建物自体も美術品の一つといえるのかも知れません。まるOK
美術館は隣接する「自然教育園」とは比較になりませんが、緑豊かな広い庭園(和風と洋風の良く手入れの行き届いた両庭園があります。)に囲まれ、「庭園美術館」の名前に相応しい佇まいとなっています。笑顔OK

e8e8b984.jpg
久しぶりに訪ねた「自然教育園」の方ですが、以前訪ねたのは夏場と確か秋口だったような気がしますが、両方とも自転車自転車での来園で、電車を利用して且つこの時期の来園は初めてです。笑顔音符
今日は、僕が午前中からお出掛けし、後で新宿でお買い物の女性軍(家内と娘)と合流して外食でもしようという計画ラブOK
開園時間の10時に間に合うように出掛け、不慣れな「パスネット」と「スイカ」を使って予定通り到着。OK笑顔 先にこれまで入ったことの無い庭園美術館の方の庭園を足早に散策して、早速僕のお目当ての「自然教育園」の方へ。。。。笑い・・・正直言って「庭園美術館」の方の庭園は「それなり」という感じでイマイチでした。落ち込み・・・ってか、たった200円ですが入場料を取るし、決して悪くは無いのですが、庭園と呼ぶならもっと素晴らしい庭園は他にも幾らでもあるし、無料開放している庭園でもここより数段上というところもあるし。。。ドクロ汗
メインのここは、初めから庭園じゃないし、自然環境をそのまま再現しているというコンセプトで、敢えて過剰な手入れを控え自然に任せている姿勢が自然の森を作り出していて、その中に散策路があるという風情がお気に入りです。OKまる
とにかく、ここに居ると不思議な安らぎを覚えます笑顔音符
前にも書きましたが、自然教育園の生い立ちは400?500年前の中世の豪族の館から始まり、その後、高松藩主松平頼重の下屋敷(江戸時代)だったそうで、それ以降は様々な形で国の管理下に置かれ一般の人々の立ち入りが禁止されていたこともあり、偶然ここに、稀れに見る豊かな自然が残されたようです。まる拍手
園の広大な敷地は豪族が築いた「土塁」と呼ばれる土手のようなもので囲まれ、その土手の上に高木が植えられ外界と上手に遮断され、台地や湿地があり、その大部分は森林植生で覆われています。笑顔音符草原や池沼・小川などもありますが、これは「土塁」の一部から敷地内に小川が引き込まれていて、いざと言う時に下流の出口を堰き止めて邸宅の周りに天然の池(堀)を作って敵の侵入を防ぐ役割をさせていたものの名残だとのこと。笑顔電球先人の知恵は凄い!!OK
この他にも、江戸時代の大名(松平讃岐守頼重)の下屋敷だったことの名残としての「ひょうたん池」や、今は巨木となった老松など(回遊式庭園を偲ばせる)があちこちに点在しています。笑顔その辺が、この森がどこか気品があって、単なる自然のままの森とは違って見える理由かも。。電球

・・・ところで話は変わりますが、折角買い換えたデジカメなのに、未だイマイチ慣れなくて、なんかしっくり来ないと言うか、自分の思ったイメージの写真が撮れなくてストレスが溜まります悲しい腕前が悪いのは仕方ないとして、この種のカメラはオートマチックな設定で簡単に撮れるからカメラ音痴の僕に向いてる筈なのに。。。落ち込み

石山寺と紫式部展を見てきました^^♪

d5e5a22e.jpg
昨日の土曜日は生憎の雨雨でしたが、我が家では毎年恒例となっている「東京大神宮」への初詣に、家族揃って行って参りました笑顔音符 この神宮は「恋愛運のパワースポット」としても近年有名となり、例年なら松の内ですとまだまだ大勢の人が押し寄せるのですが、流石に雨ともなるとかなり空いていて、僕らの狙い通りスムーズに参拝できましたし、これも恒例となっている家族揃っての記念写真も無事撮れました。OKまる
・・・・で、お年頃の我が家のプリンスとプリンセスも、お友達に頼まれたとか言いつつ「恋愛成就御守」なるものをGET笑いOK・・・・どうぞ良縁に恵まれますようにびっくりラブあははは。

さて、今日はお天気も回復したようですので、午前中は少し家の用事を片付けることにして、午後から銀座松坂屋で開催されている「石山寺と紫式部展」というのを見て来ることにしました笑顔音符 石山寺は、紫式部が『源氏物語』の構想を得たと伝えられるお寺で、ここには『源氏物語』にまつわる美術品が数多く所蔵されているそうで、今回はその中から貴重な文化財が一挙に70余点も展示されているとのこと。OKまる
こうした貴重なものを東京に居ながらにして見られる機会は滅多に無いと思い、期待を込めて行って参りましたが、明日が最終日とあってか会場は思いの外の大盛況で、この種の展覧会としては異例と思われるほど混み合っていましたドクロ汗 
流石は紫式部!・・と、その人気の高さが窺えるほど熱気に溢れる会場内でしたが、その殆どが年配の女性たちで、しかも展示物の多くがガラスケース内に置かれるように展示されているとか、壁に展示されていても文字や細工が細かかったりで、時にはガラスケースに覆い被さり食い入るように覗き込んだり、或いは解説文を熱心に読んでいるのか、まるで固まったように立ち尽くす人も居て、見る人たちの列は一向に前に進まない落ち込み そうかと思うと、その人の前はガラガラに空いてたりで、そこへ列など無視した別の集団が大挙して割り込むという具合に「雅な平安朝文化の世界」を堪能するという雰囲気には程遠い世界困った まあ展示を専門にする美術館などと違い、デパートの催事場という狭い会場での展覧会ですからこれも仕方ないのかも。。。。悲しい
それはともかく、展示されている作品の多くが絵画や書といったものでしたが、これらは金箔や日本古来の伝統的な画材を駆使して極彩色に彩られ、それ自体一つの完全な美術工芸品と言っても良いほどの精緻さで仕上げられ、まさに文化財と呼ぶに相応しいものばかりでした。OKまる これほどの美術工芸品を集め所蔵して来た石山寺という寺の権威というか格式の高さが窺えるような気がします。・・・こうなると、一度はそこに行って見たいという気持ちになりますねぇ???OKまる
さてさて、今日は子供たちの帰りも遅いので、偶には銀ブラ(これ死語だな^^w)でもして、どこかでお茶してから食事して帰ろうと思いましたが。。。。ウインク・・・これも何時ものことなんですが、あれこれ見て歩いているうちに、結局は、「こんなものなら家で作って食べた方が断然美味しいし楽しめる」ってことになり、適当な食材を仕入れて急ぎ帰ることになった??笑顔OKまる
血糖値が高く食事制限のある僕は、殆どがカロリーオーバーとなる外食は、それほど楽しめないのも事実ですし、二人とも料理好きなので、家内は僕という(有能な?)料理助手に手伝わせ食材を工夫して自分にお好みの味付けの食事を作る方が良いらしい笑顔音符拍手拍手


初乗り?^^w新春サイクリング♪

c189d2ae.jpg
自転車初乗りって言っても、実のところ昨日家内と二人で飯田橋にある「東京大神宮」まで自転車で行ってきましたので、本当の初乗りはそっちの方だったかも笑い汗
年末から三が日に掛けては食べるばっかりで、動いたといってもゲームに興じたくらいですから、そろそろちゃんと運動しないと。。と思い、初詣も兼ねて行って見ることにしたのです。ところが、昨日はお天気が良かったこともあってお目当ての「東京大神宮」は超満員。境内の外まで延々と長蛇の列が出来ていました困った この神社には家が近かったこともあって小学生の頃から家族で初詣に来ていて、彼是50年近くも通っていることになるので、ここだけはなんとしても外せません。今日はお参りにかなり時間が掛かりそうなので後日また子供達と一緒にお参りに来ることにして、昨日はこれもまた小さい頃からお参りに来ている靖国神社の方に先に参拝して来ました笑顔音符

そんなこともあって、今日は奥方の方はお疲れモードで家でお留守番宣言笑顔でも僕の方は、明日からお天気が下り坂という予報もあるし、折角のお天気太陽なのでやっぱり身体を動かすことにしました力こぶ自転車・・・とは言っても昨日の今日ですし、鈍った身体は徐々に慣らして行かないと疲労が溜まる一方となり咄嗟の反応が出来なくなって危険ですから、今日は出来るだけ近場の公園に行って見ることにしましたOKまる
環状7号線から目白通りを都心方向に上って行きますと、神田川沿いの早稲田近辺に「新江戸川公園」という公園があります。これは元は肥後の細川家の下屋敷だったところで回遊式庭園になっていますが、この近くには神田川の治水工事に参画したと言われる松尾芭蕉の居住跡「関口芭蕉庵」があったり、田中角栄氏の私邸や、明治の元勲山縣有朋公爵が築庭し国内外の要人をもてなしたのが始まりと言われる「椿山荘」などもあり、自然の丘陵を利用した非常に景観の良い庭園が続いていますOKまる

そこから更に神田川沿いに都心に向かい、東京ドームのある水道橋駅の近くに「小石川後楽園」があります。ここは水戸徳川家の中屋敷だったところで、初代藩主頼房が大徳寺左兵衛に命じて作園、二代光圀の時に完成した回遊式築山泉水庭園だそうです。「海・河・山・野」を表現したと言われる庭園は、何処をとっても絵になる素晴らしい景観が広がっています。ただ何しろ都心も都心に位置し、東京ドーム・後楽園遊園地に隣接している為、時折騒音と歓声が聞こえ、その上美しい景観の向こうに高層で近代的な建築物が見えてしまうのが悲しいところです悲しい 未だチョッと梅の開花には早過ぎますが、寒桜や蝋梅が咲いていましたし、小石川台地という起伏に富む地形を活かして造園された景観の美しさは抜群で、何時もそうですが、ここに来ると時間の経つのを忘れるほどです。OK笑顔
やっぱり日本庭園はいいですね???ラブ梅が咲いたらまた来よ??っとびっくり笑顔音符
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ