徒然なるままに♪

週末のドライブ、近所のお散歩、公園散策などなど、日頃の出来事やお出掛けの記録を絵日記風に書いてます♪

2006年08月

久々に兄弟集合^^♪

60686e92.jpg
数年前の兄、昨年の私に続いて、今年は義弟が還暦を迎えた笑い音符
その度に兄弟たちが集まって食事会料理をするのが今や慣わしになりつつあるOK笑顔 もう一人妹が居るので、そっちの義弟が還暦を迎えると、今度は女性陣の番になって行くのだろうか。。。。ドクロあははは
僕ら兄弟は(終戦の年に疎開先で生まれた僕を除いて)東京生まれの東京育ちで今も東京に住んでいますが、今回還暦を迎えた方の義弟家族は、仕事の関係でこれまで殆ど海外生活でしたし、帰国後も東京に家はあるものの、赴任先の名古屋に暮らしています。・・・それでも、どういうわけか僕ら兄弟は仲が良く、これまでも事あるごとに、何とか都合をつけて皆で会って食事をしたり、男性陣同士でゴルフしたり、女性陣は女性陣で買い物に行ったりと交流をしてきましたまるOK

そんな訳で、今日の義弟夫婦の上京に合わせて、皆でお食事会をすることにしました。音符今回は、彼らの東京に住んでいる長女が、10年来の交際を実らせて入籍したことのお祝いも兼ねて、義弟家族全員を招いての賑やかな食事会となりました。ラブOK拍手拍手
東京ドームを見下ろす25階の展望レストランで、窓いっぱいに広がる美しい夜景を見ながらのお食事会は、楽しい会話に溢れ、あっと言う間に時間が過ぎ去ってしまいました。笑顔音符

ゴスペルは良いね^^♪

2008ab19.jpg
今日は毎年恒例となったゴスペル・コーラス・スクールの生徒さんたちの発表会音符殆どが大人の女性で、中にほんの少し男性が混じっているという具合だけどウインク、みんなお仕事の合間や仕事帰りに通い続け、もう既に5年もいらしている方も。OK笑顔・・・聞けば、他県から何時間も掛けて息子さんに毎回車車ダッシュで送ってもらって通い続けている方もいらっしゃるとか。。笑顔電球拍手拍手
主婦の方とそのお母様と言う組み合わせも、ご夫婦で習っていらっしゃる方も居て、若い子だらけの楽器の方のスクールとは大違いだ笑い音符・・・でも、何か自分の好きなことを見つけて、夢中になれるって素敵なことです音符朝から集まってリハーサルを繰り返し、たった1曲のステージなのに、思い思いに最高のお化粧と衣装で着飾って、一所懸命リズムに合わせて踊りダンス歌うマイク姿は、実に生き生きしていて、感動ものでしたぁ?まる拍手

何事も、上達の基本は好きになること・・・好きになることは継続性と向上心を齎し、創意工夫を生み出すからなんでしょうね笑顔音符そういえば僕は苦手なことはあっても、嫌いなことってないなぁ?ラブ何でも好きになって一時夢中になるけど・・・・長続きしないってのが玉に傷かも。。。ドクロだから何でも適当にやるけど、これといって特技と言えるものがないのかも困ったとほほ。。

梅雨明けと同時に猛暑が!!

ce4ccefe.jpg
やっと梅雨が明けたと思ったら、8月に入って連日の猛暑ドクロ炎
でもこれってどうやら世界的傾向らしい困った・・・これで本格的な真夏が到来したらどんな暑さになるんだろうドクロ汗汗
こんな暑さじゃ、何処に出掛けるにしてもちょっと気が引けちゃいます落ち込み近所を歩き走るまわったり、自転車自転車で遠乗りするのも大変そうなので、少し考えた結果、今日ばかりは、チョッとばかり涼を求めて、奥多摩や秩父方面にドライブすることにしました。笑顔音符・・・しかし、これも考えてみればかなりいい加減な話で、確かに両者は家から見れば北の方角には違いありませんが、奥多摩と秩父じゃ、目的地としてはかなり離れている筈です。ウインク・・・その辺の区別もしっかり出来てないうちから出かけちゃうところが「じゅん流」ってやつでしょうか。。。笑いOK

要は、ともかくもコンクリートだらけの都心部から抜け出し、草クローバーや樹木木の生い茂る山間部まで行けば、この暑さから逃れられるんじゃないかという単純な発想です笑い汗
何時もながら、ああだこうだと話し掛けて来る奥方に生返事を返しながら車車ダッシュを走らせ、結局、我が家から凡そ60Kmほど離れた埼玉県の飯能市というところにある奥武蔵といわれるエリアまで行って来ました。OK笑顔
最初は以前に聞いたことのある高山不動尊とか、その奥の院近くにあるという関八州見晴台と言う名前に惹かれてそちらに車を走らせましたが、山道に入ると急に道幅が狭まり、全く見通しが利かないほど曲がりくねったうえ、対向車が来たら絶対にすれ違えないくらい狭い道が延々と続くので・・・こりゃ、どう考えてもハイキングコースで車で行くところじゃ無さそうだ。。。。ということで途中で引き返しました困った
それでも、カーナビはちゃんとナビゲートしていたので行けないことは無いのかも。。。と思い直し、一旦国道に戻ってから、少し近場の「子(ね)の権現」というところに行ってみる事にしました。笑顔音符
「子の権現」へ行く道も、山道に入ると同じようなものでしたが、4Kmほどの道のりでしたので10分ほどで目的地に到着。OKまる拍手その尾根付近からは奥多摩やその反対側の奥武蔵のゆったりとした山並みが一望でき、まずますの景色が楽しめました。笑顔音符
「子の権現」というのは、正式には大鱗山雲洞院天龍寺といい、子ノ聖( ねのひじり )と言う人が創建されたもので、古来より足腰守護の神仏として信仰されているということです。そのためか境内には巨大な草鞋と夫婦下駄が祀ってありました。ウインク・・・しかし、夏休みの週末だと言うのに、殆ど人影は無し、山頂のかなり広い駐車場には我が家の車1台ドクロ・・・どうりで車と出会わなかった訳だ。。。。笑顔
帰ろうと思ってみると、登ってきた道と反対側にも下山道があり、「竹寺」方面との標識があったので、早速そっちに降りてみることにまるOK標識に案内されるように「竹寺」に行って見ると、ここがまた中々風情のある素敵な境内を持ったお寺なのには驚かされました。OK笑顔
竹寺と言うのは、この近隣にある秩父の三峰山や都下のある高尾山・御岳山と同じ山岳仏教の系統を引くお寺さんらしいのですが、このお寺の珍しいのは、今もお宮とお寺が同居している、いわゆる「神仏混淆(しんぶつ・こんこう)」の姿を残していることだそうです。これはこの寺が、明治元年の神仏分離令にもれたことによる珍しい例とのことです。境内にはその名のとおり珍しい種類の竹が沢山植えられていて、更には周り中が一面の竹林に囲まれていました。笑顔音符この竹のトンネルのような小道を通ると、木洩れ日が若竹色に輝いてとても幻想的な雰囲気を醸し出し、そこにいるだけでとても心地良く、すっかり暑さを忘れさせてくれました。まるOK拍手

記事検索
プロフィール

じゅん7

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ